【メールの書き出しと終わり】
ビジネスメールの最初の書き出しを私の経験から紹介します。
一応、外資系企業や大手企業など複数の会社で働いてきましたので、
どの会社でも共通しているメールの書き出しなどを紹介します。


1、一番最初は相手の名前
 当たり前ですが、メールの一番最初は相手方の名前を書きます。
 通常、外国人はファーストネームで呼び合いますが、
 ビジネスの場合はファーストネームにこだわらず、
 周りから呼ばれている名前で良いと思います。
 
 あまり親しくない社外の人には
 Dear.Tom-san,
 
 社内の人や何度か会っている社外の人には
 Tom-san, とか Dear Tomでもいいと思います。
 気心の知れた人には Hi ! Tom でもいいと思います。
 
 また日本語の「さん」は、意外と万国共通みたいで、
 外国人からのメールもよく「-san」が使われています。
2、そしていきなり本題には入らず、一般的な挨拶をします。
  例えば
  I thank you very much for your support.
  I would like to extend our appreciation for your sparing time for us and
  your great cooperation.
  I appreciate your cooperation.
  

  初めてメールを差し上げるときは
  I have the pleasure of writing to you for the first time.
  I hope that my contacting you is not an imposition in any way.
  などを書けばいいと思います。
3、一般的な挨拶が終わったら本題に入りましょう。
4、本題が終わりましたら最後に
  Best Regards, とか Regards, 
  あるいはSincerely yours
  で終了します。
 
以下、例文です。
---------------------------
(Dear) Tom-san,
 
I appreciate your cooperation.
(本題)
**************
********************
 
Best Regards,
 
Suzuki
---------------------------
 
一番問題なのは本題の英文ですが、
翻訳ソフトなどを駆使してなんとか乗り切って下さい。
翻訳ソフトを買えない私みたいな貧乏な人は
ネットの翻訳サービスを利用すればいいと思います。
私がよくお世話になっている翻訳サービスはExciteです。
自信がなくてもエイヤッ!でメールを出しましょう!
意外と通じるものですよ!

ビジネスなんでもイングリッシュ!ビジネスメールの書き出しの基本

生の英語メール
これがホントの生メール
ビジネス英語実例集1
ビジネス英語実例集2
ビジネス英語実例集3
ビジネス英語実例集4
ホテルの予約
年末年始のあいさつ
退職のあいさつ
HP TOP

HOME

  TOEICとビジネス英語
ビジネスなんでもイングリッシュ!
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO